忍者ブログ

江東ソシアルダンススクールのBLOG ☆enjoydancing☆

江東区亀戸にある社交ダンススタジオ、江東ソシアルダンススクールの毎日更新ブログです☆

   
カテゴリー「未選択」の記事一覧

理工戦☆

ダイジュソプラノ(東工大&東音大3年)が4種目1位で完全優勝しました☆
おめでとうございました!!
PR

北楡杯☆

マキピース(中央大4年)が4種目1位で完全優勝しました☆

おめでとうございました!!

彼を知り己を知れば百戦危うからず

こんにちは。齊藤です。


題名のことわざ。かの有名な古代中国の孫子の言葉です。
(詳細は省きます)

この言葉をダンスに置き換えてみると、パートナーを知り自分を知れば百戦危うからずですかね。


パートナーは目の前で踊っているので、長所短所や特徴は大体読めてきますが、意外に自分を知るという事は難しいものですね…。


憧れや流行りでこういったダンスがしたいな~って海外のダンサーを追っかけることが多いですが、それが本当に自分のスタイル、身体能力、精神に似通っているだろうかと考えると、うーん…やっぱり違うなって後で思う事があります。


最近レッスンを受けて思う事、競技会で思う事、身の回りの人の言葉から思う事、それは自分は技術派ではないなということです。


レッスンでは、もっと本来のポテンシャルを引き出せと言われたり、競技会のファイナルソロを踊って、ああ自分はアバウトなところあるな~とか思い、精巧な動きより違うものを伸ばした方が自分の性質にあってる気がしてきました。


学連時代は『筋力がすごい』『キレがある』
プロになろうとしていた時は先輩に『ちょっと身体能力があるから』って言われ反対されたり(笑)
コーチャーには『F1並みなボディなのに公道を走ってる自動車くらいしかエネルギーを出してない』とか
整体のおじさんには『良い身体している』『親に感謝しなさい』とか


職人芸がカッコイイと思っていたので、上手い人に憧れたり、嫉妬したりしていたので上手くなる練習ばかり考えてましたが、今は自分の長所を伸ばそうとしてくれるコーチャーの言われることを頑張った方がいい方向に進む気がします。


もっと己を顧みて、長所を伸ばしたいと思います。


それでは。

ジュニアダンス


こんにちは、えなです!

ブラックプールが始まり、UKでは熱戦が繰り広げられているでしょう
日本人の選手の方々の活躍も見られたら最高だなあと思います。


さて、先日ジュニアクラスに新しく4歳の双子の兄妹が来てくれました☆
また賑やかになりそうです
楽しみです♪

帰りました

こんにちは伊藤です。

昨日、ドイツから戻りました。沢山学べたので、少しでも活かせるように頑張りたいと思います。
お休みを頂きありがとうございました。

詳しくは来週書きます!

プロフィール

HN:
江東ソシアルダンススクール
性別:
非公開

カテゴリー

P R

Copyright ©  -- 江東ソシアルダンススクールのBLOG ☆enjoydancing☆ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]